忍者ブログ

わがまま★GUARDIAN【R】

猫と植物をこよなく愛するちょっとオタクっぽい警備員の日常とか愚痴

04/11

Tue

2017

至らない人が絶望的に至らない件






昨日のこと。


至らない人とともに馴染みのS林さんについたんですが、
まあ、これも一応電気工事関係なんで“追っかけ”なんですわ。

最初1名づつ付いて別の場所で仕事してたんですが私の班が早く終わったので、
至らない人の班に合流。

その時無線で


至らない人さん、そっち車停める所ある?」


至らない人
「ありますよ。俺の車の横に停めれば良いです」

しかし、そこは
いかにもハマりそうな土剥き出しの所で


「いや、無理やろそこ。絶対ハマるわ」

と、別の所……道路の端に置いたんですが


至らない人
「大丈夫ですよ、俺だって大丈夫だったんですから」

と、やたらしつこくその場所を勧めるんです。

実際足で踏んでみて確かめたんですが土柔らかくて微妙。

でも道路に置くのも不安だし、そんなに勧めるなら……と
その場所に停める事に。

しかし、って言うか
やっぱりって言うか



ガコッ!





「ハマったやんけ!(怒)」


至らない人
「ハマってない!ハマってないです!」

この場に及んでまだそんな事を言う
至らない人

車から降りて確認してみると
木の切り株に乗り上げたうえに前輪ハマってました。


「うええええ……どうすんだよコレ」

幸い、業者さんは私道を入って行った所で作業してたので、車を停める所を探す余裕はあったんです。

それなのに……


至らない人の話は信用出来ないと知っていながら信用してしまった私の馬鹿野郎。

どう切り返しても切り株に当たるか土にハマる。

それでもなんとか
至らない人に手伝わせて無理くり脱出したけど、

片側の前輪の泥除けのピンが外れて泥除けが
プランプラン状態

ピンを探しまくったけど、タイヤでほじくりかえされた土から見付けるのは困難。やっと見付けたと思ったら謎の木の実だし。
そもそも、見付けたとしても再度嵌まるものなのかどうか……


「ああああ、
至らない人さんを信用した私が馬鹿だった。この車、みっくの生き形見なのに(泣)しかも、ローンまだたんまりあるのに(泣)」

※みっくが九州へ行く時に置いていった車を名義変更して乗ってる。

すると

↓↓↓





漫画作成 れのん
※至らない人が期せずしてソックリに描けちゃった……


当たり前じゃ(怒)


しかし、相手は
至らないイタルですから、請求書出した途端
一連の出来事を忘れる可能性大。

なので翌日(って言うか今日)

業者さんの駐車場に居た
ゴエモンとつかぴーを捕まえて


「ねーねー!聞いて聞いてー!昨日ねー!」

と、事の顛末を語り、本人もいる前で強制的に証人を作りました。

つかぴー
「ん?俺、そのピンだったら持ってるかもしれないわ。明日もここ集合だったら持ってくるよ」


「わー!助かるー♪」

↑↑↑

実際助かるのは私じゃなくて
イタルですが。

でもこーゆー時に限ってメンバー変わったりするんですよね。



さて、

至らない人

運命やいかに?







にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村



拍手[2回]

PR
にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

04/07

Fri

2017

ラフターとトレーラーとエリクサー





今日は久々に土木の現場でした。
場内に
デカいラフターとトレーラーが入るのでその誘導。
ラフターが吊り作業している間の歩行者の誘導。

です。

相方はトシヤン。

監督曰く
「と言うことで、何回も切り返してバックでやっと入る。って感じなので、誘導よろしくお願いします」



トシヤン
「大きいラフターやトレーラーって……場内に入れるんですかね?」

( ;´・ω・`)



「場内も狭いけど、出入り口がメチャせまいからねえ」

( ̄▽ ̄;)


なんて、不安を露にしていたら件のラフターが見えて来ました。

監督
「あっ!アレです。ではよろしくお願いします!」



「わかりました!(無線)じゃあ、トシヤンさん、私ラフターの後ろ止めとくから」

トシヤン
「了解です!」

しかし、ラフターが近づいて来て気が付いたんですが

このラフター

コンパクトサイズやんけ。

Σ( ゚Д゚) ミニ!

でも、監督が「バックで入る」って言ってたので後続車を止めて様子を見ると

ひゅん!っていとも簡単に頭から入りました。



「( ゚д゚)ポカーン」

トシヤン
「( ゚д゚)ポカーン」

監督
「( ゚д゚)ポカーン」


私に止められた後続車(想像)
『私一体何の為に止められたの? ( ゚д゚)ポカーン』


監督の様子からして監督も“デカいラフター”が来ると思っていたらしいです。

監督
「つ、次は15分後にトレーラー来ますんで……今度こそ入るのに手間取りますんで……」

ほら、“今度こそ”って。

( ̄▽ ̄;)


トシヤン
「まさか、キャリアとかユニックとかロングのトラックが来るんじゃないでしょうね……」


「まー、確かに牽引タイプじゃないのも“トレーラー”って言う人いるからね……」

が、しかし、トレーラーは

本当にトレーラーが来ました。

しかも縦にも横にもデカイ

何百回切り返しても場内に入れる気がしません。

((( ;゚Д゚)))


てかそもそも
前にも書きましたが、トレーラーって何処を基準に誘導したらいいのか今でもわかりません。

いや、ウチらは一般車を止めている事に専念してればいいんですが。

以前、結構頻繁にトレーラーを誘導してた時期があったけど


適当でしたし。

( ̄▽ ̄;)

でも、何回か切り返してやっと場内に入りました。

当初の予定では最初に入ったラフターと平行になるような体勢だったらしいですが、
何とか入れる所まで入ってラフターが(荷を)迎えに行く形になりました。
小回りの利くミニラフターで正解だったみたいです。

( ̄▽ ̄;)

あ、そうそう。
ココは結構色んな業者さんの入ってる現場なんで、

○強のウラさんに会いました。

※数年前にやった物凄く大変な現場で活躍した伝説の重機オペレーターさん。

いや、今回
ちっこいラフターとか
デカいトレーラーよりも

ウラさんが若々しくなってた事に一番驚いております。

( ̄▽ ̄;)

な……何があったんだ?ウラさん。

( ̄▽ ̄;)






にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村



拍手[3回]

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

04/05

Wed

2017

呪われたブラック企業と眼鏡






今日は
スマイリーK
ヒロッキー


で、十字路を挟んだちょっと面倒な通行止めだったんですが、
近隣の住民の方々には業者さんが事前にお知らせしていたし、もともと交通量が少ない田んぼの畦道的な道だったので楽でした。

で、業務に支障の無い程度に無線で他愛のない世間話をしてたんですが

スマイリーK
「そういやあの人も亡くなったよねー」


「誰?キヨシコノヨルさん?」

スマイリーK
「いや、キヨシコノヨルさんじゃなくてあの人、ほら」


「誰?」

スマイリーK
ア・べショーさん」


「えっ?」

スマイリーK
「いつだか新聞のお悔やみ欄に載ってたよ」


「こう言っちゃ失礼だけど、一番死にそうに無い人だったのにねー」

スマイリーK
「そうなんだよねえ」


ウチの会社、何気に退職後亡くなる人多いです。
在籍中も二名程亡くなってるし。

結構年齢行ってる人が多いから、不思議では無いんですが。

毎年のように誰か亡くなってるんで
呪われてるんじゃないか?って気がして仕方無いです。ブラック企業だし。

……ブラック企業だから呪われるのか。

( ̄▽ ̄;)



呪われると言えば、この前ちらっと書いた手羽くんの眼鏡。

新しくしてからは真っ直ぐだったのに
日にちが経つと曲がってくるようです。

こんな風に

↓↓↓











何でこんなに曲がるんでしょうね?

①誰かに殴られた
②曲がっているのは眼鏡ではなく顔
③悪い魔法使いに眼鏡が際限無く曲がり続ける呪いをかけられている


③ですね?






にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 毒舌へ
にほんブログ村



拍手[2回]

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
れのん
性格:
非公開
自己紹介:
たまに暴れます。





最新コメント

[06/10 カマタ]
[04/14 ペペロンチーノたこまる]
[04/06 カマタ警備員]
[04/06 カマタ警備員]
[03/31 ペペロンチーノたこまる]

ランキングサイト

P R

忍者カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 14 17
18 19 21 22 24
25 26 27 29 30

Copyright © わがまま★GUARDIAN【R】 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]